• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016年08月16日 (火) | 編集 |
はい♪
今日から新連載のつかつくの始まり始まりぃ~






ジージージジージー
大きな樹の多い学園に響くのはクマゼミの鳴き声
その声が聞こえるといっそう暑く感じるのは俺だけじゃないだろう。

じりじりと肌を焦がす様な日差しも、校舎の中へ入ってしまえばここまでは追ってこない。
それでも暑いものは暑い。


「こう暑くっちゃ講義も身に入らねえな」


そんな愚痴をこぼしながらも俺たちは毎日学園にやって来て、しっかりと講義を受け勉強をしている。

高等部の頃も来てはいたが、幼い頃から帝王学を叩き込まれた俺たちにとっちゃ授業はかったるいだけで授業なんてろくに受けず、退屈しのぎに学園に来ていたんだ。

高等部二年の春にあいつに出会うまでは。



「午後の講義は?」

「びっちり」

「俺も」


学部が違う総二郎も俺たちも真面目な大学生をやってるし、四年になる来年からは会社にも顔を出すようにと言われてる。
三年の今のうちに単位を取っておかないと来年がきつい。


「明日は休みだよな」


“いい事を思いついた”言わんばかりの顔でとあきらが話し出す。


「鎌倉に新しくリゾートホテルオープンしたんだけど行かないか?」

「週明けから試験だぞ」

「固い事言ってないで司、息抜きに行こうぜ!」

「類も行くだろ?必要なものは向こうで買えばいいし、講義終わったらそのまま行こうぜ」


俺はゆっくり眠れるベッドがあればどこでもいい。渋る司をあきらと総二郎が説得というか丸め込んで週末の予定は四人で鎌倉になった。


「車は俺が出すよ」




講義が終わってF4専用駐車場で固まる二人の姿。

何だよ、失礼しちゃうな。


「車って……もしかしてお前が運転すんのかよ、類」

「ん。今日は車で来ててよかったよ」


俺の言葉に一瞬で青褪めたのはあきらと総二郎。
司はなぜ二人が固まり、青褪め、脂汗を流しているのか解らずにきょとんとしてる。


「車のキーを貸せっ!俺が運転する」

「なんでだよ、俺の車だよ?」


手に持ってたキーをあきらに奪い取られた。


「───類の運転で高速なんか乗ったら、命がいくつあっても足りやしねぇ」


ぼそりと呟く総二郎。
聞こえないように言ったかもしれないけど、しっかり聞こえてるよっ!


「類の運転ってそんなに怖いのかよ」

「天国への直行便だ」


乗ったことも無いくせにあきらが断言して、司も「マジかよ」って呟いて俺を見てる。

あきら!司が信じちゃったじゃないか!


「あきらが運転するんだったら、俺は後ろで寝るよ」


宣言通り後部座席に乗り込むと、俺はすぐに眼を閉じ眠る体勢に入って寝息をたてた。




英徳から高速使って一時間と少し、俺たちは鶴岡八幡宮近くにオープンしたばかりのホテルにチェックイン。
案内されたのは最上階にあるスイート。


「あきら、ここって」

「美作がプロデュースしてる。講義の間に予約しといた」


やっぱりね、でないと飛び込みの若い客にこんな部屋を用意しない。



ホテルに着いた時間はまだ外は明るいとはいえ夕方で、改めて外に繰り出すのが面倒くさい俺たちはシャワーを浴びて汗を落とし、レストランの個室で近くの海で獲れた魚介をメインに使った料理をゆっくりとワインと共に楽しむ。

部屋に戻るとリビングルームに紙袋が並んでて、中身は俺たちの着替え。


「コンシェルジュに言って買って来させた」


ほんとに、あきらの気遣いには脱帽するよ。




「牧野がいなくなって、もう二年だぜ。まだ忘れられないのか?」

「まだ二年だ」


そうだね、まだ二年だ。
忘れるにはまだ時間が足りない。
司はもちろん俺たちにも。



備え付けのバーカウンターにあったウィスキーを飲みながら、俺たちの夜は静かに更けていった。




牧野が俺たちの前からいなくなったのも、こんな暑い夏の日。






やってしまいました。
いきなりつくしがいない状態でのスタートです。


ランキング参加中です!
ポチっとお願いします <(_ _)>
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ


応援ありがとうございます。
関連記事
テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/16(Tue) 19:56 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/16(Tue) 23:17 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/16(Tue) 23:45 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/17(Wed) 00:51 |   |  #[ 編集]
う*ちゃん様
初めまして!でよろしいでしょうか?
コメントありがとうございます。

つかつくが大好物ですか!
美味しく食べて頂けるように頑張らなければいけませんね。

つかつくなのにつくしがいない状況で始めてしまいました。
なぜ、つくしはいないのか?
お待ち下さいませ。
2016/08/17(Wed) 09:18 | URL  |  aoi #fv5ItGmc[ 編集]
A*様
コメントありがとうございます。
初めまして!で、いいんですよね?あちこちのコメ欄でお見かけしているもので、記憶があやふやです…

新しいキーボードですか!いいですね。
私はこの間、子供にキーボードを隠されてしまい無事に発見したものの反応が悪くなっていて買い替えの危機です。


気分転換の新連載に読むのは好きでも書くのは苦手なつかつく。
なぜ、つかつく。それは降ってきた妄想がつかつくにぴったりだったから。
なのに初っ端からつくしがいない謎展開。
焦らすのが大好きなaoiはまたもや焦らしますよ~


真の方はもっと謎てんこ盛り展開なので焦らしまくりながら、おいおいに明らかにしていこうと思っています。
果たして、司が乱入してくる可能性はあるのか?
まずは記憶喪失を何とかしないとね。
2016/08/17(Wed) 09:44 | URL  |  aoi #fv5ItGmc[ 編集]
ま*ぽん様
はい、つくしはここにいません。
パラレルなので出会いも恋の経過も何もかも違います。

続きをお楽しみに~
2016/08/17(Wed) 10:05 | URL  |  aoi #fv5ItGmc[ 編集]
さ*ぴょん様
新連載です。
つかつくパラレル。
パラレルはいいとして、なぜつかつく…苦手なのに。

完走目指して頑張りますので、応援よろしくです!
2016/08/17(Wed) 10:08 | URL  |  aoi #fv5ItGmc[ 編集]
 aoi様、コメ有難うございます!!

 aoi様もキーボード調子悪いんですか!なのにこんなに頻繁に更新してくださって有難うございます。それに引き換え私ときたらまともにコメントさえできておらず申し訳ないです・・・。

 ちなみに私の新しいキーボードはbluetoothで遅ればせながら、ワイヤレスキーボード初デビューしました。。aoi様のもお子様に隠されたということはワイヤレスっぽいですよね。。ワイヤレスだと使い勝手がよい反面、持って逝かれやすいですよねーー。
 
 たしかに、自分はいろんなサイトさまに空気読まずに突撃している気がしますのでそこかしこで見かけられてるかもしれませんw。。
 
 自分でも記憶があやふやなのと、今まであんまりコメントかける環境ではなかったけれど、いろんなサイト様の熱烈な読者なので、

すっかり以前にコメしてる気になり、サイト主様からしたら「あんた誰?」状態なKY突撃コメになってるときが多々あるように思い、日々反省しています。。
 すみません。。

たとえ、以前にコメしてても、唐突でKYな自分なので、作家様や他の古くからの読者様にドン引きされている自覚もすごくあります・・、。
 
 コメントするほうがいいのか、KYなら無言拍手やランキングクリックだけのままの方がいいのか、、 コメするならするで、鍵コメの方がいいのかとか色々迷い中です。

 ちなみに、私の記憶も非常にあやふやであやしいんですけれど、おそらく薫香たちのぼるの連載初期のころ?、真ちゃん登場前前後に、短い文章だったと思いますが、反応の悪いタッチパネルで必死にコメした記憶が・・・。タッチパネルさえ壊れたのでマウスオンリーの生活に入ったわけですがw。
 
 その時ちょっぴりaoi様はつかつく書くのは苦手とお聞きして。今回、苦手なのに書いてくださって本当に嬉しいなぁと思って長文KYな突撃コメしてしまいましたw!
 
でも、最近は総つくあきつくが私の中で大フィーバー中でして、つかつく作品だけど今回はあきらさんがキーパーソンになる予感がしてわくわくどきどきしています!!

 aoi様、読者を本当に焦らすのお上手ですよねw。私の場合本当に焦らせまくりですw!

 薫香~の連載開始当初、
 F4?いつでてくるんだと焦り、諦めかけた所でようやく出てきたりw、焦らされてるうちにあんた誰状態だった真ちゃんキャラの謎にいつのまにか嵌まりまくっていたり、

F3同様、この話は真×つくし なのか・・と焦り、一方で既にその頃には真キャラに魅せられていたのでそれはそれで面白いかもと思ったところで、女性と判明したり、、。

 本当に次が予想が付かない、次どうなるの?!、知りたいという気持ちが抑えきれなくなり、ほぼ毎日欠かさずチェックしにきてしまうようになりましたw。。

 真さんって、まださらに謎が深まるんですかw?!もっと中毒になったらどうしようw。

 今回も、薫香~同様、つくしちゃん不在とあきらとつくしの謎の関係にすごーく焦らされています!!でもつかつくなんですよねw?あきつくでも大歓迎です!!

 でも、つかつくにぴったりってことはやっぱりジェットコースター系というか波乱万丈系な展開なんでしょうか。。楽しみにしてます!!
 
 また、意味不明かつ長文になってすいませんでした。。次回からシンプルにコメントします。
2016/08/18(Thu) 23:22 | URL  | AN #ZjzdRt4I[ 編集]
AN様
コメントを開いて思わず『どわっ』叫びました。
今までもらったコメントの中でも一番長文だと思われます。

キーボードはお察しの通りワイヤレスで、変換キー周辺が反応悪し!です。
反応が悪いからつい連打&強打するのでますます悪くなっていく予感。はぁ…

つかつくは本当に書くのが苦手なんですよね。
なのにデビューは某所でのつかつく。
今回も降ってきた妄想がつかつく向きだと思ってこんな状況に…
早くラブラブにしたいのに、ついついあきらで焦らせちゃってます。
赦せ、司。
ちゃんとつかつくにするから~

薫香に関しましてはまだまだ入口です。
予想以上の真人気に調子に乗って、謎に時間をかけ過ぎてしまいました。
当初のプロットから大幅に伸びてしまって、全く先が見えてません。

どちらもこの先の展開をお楽しみに~♪


あ、aoiは公開コメント推奨派です。
自分もコメントをする時は極力公開コメントにしています。
でないと何を書いたのか忘れてしまう…脳みそつるつるなんです。
非公開でもコメントは嬉しいし、励みになるので大歓迎です!
2016/08/20(Sat) 20:40 | URL  |  aoi #fv5ItGmc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。