• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016年08月27日 (土) | 編集 |
三日連続で【永遠~】です






結局、牧野は類の事を【花沢さん】と呼ぶ事にしたようだ。
類は【牧野】と呼ぶらしい。


「俺の事は何て呼んでくれんだよ?」


柄でもなく聞いてみた。
いつもだったらそんな事はしねぇ。

【道明寺様】
その呼び名しか認めないのだから。


「道明寺さんでいいですか?」

「ああ」


本当はあきらと同じく下の名前で呼んで欲しかった。

───司さん。と。

こいつが俺を名字で呼ぶから俺も名字の【牧野】呼び。
それがなぜだか悔しくて、あとは会話に入る事も無く黙ってソファに座っているだけだった。



「つくしちゃんはどうして英徳に来たんだ?見た感じどこかのお嬢様には見えないけど」

「あーそれはな、俺が誘ったんだ。な、つくしちゃん」


あきらが誘った?
なんでだ?
こいつ、もしかしてあきらと……


「あたしには不釣り合いな学校だと思っていたから断ったんですけど……あきらさんが『運試しのつもりで、受けるだけ受けてみたら?』って言ってくれたので、受けてみたら受かっちゃって」

「おいおい『受かっちゃって』って気軽に言ってるけど、英徳の学費は庶民にはキツいだろ」

「それは心配ねぇよ、つくしちゃんは特待生枠だから」

「特待生?あんた見かけによらず頭良いんだ」


こいつ特待生なのか。

思わず牧野に眼をやる。
チッ
類に見つめられて恥ずかしそうに顔を赤くしてんじゃねーよ。

特待生っていや、偏差値上げる為に毎年十人ぐらい入学してくるが、たいていのやつは一年もたないで辞めちまうんだよな。
他の生徒とのギャップや虐めで。
俺たちも何人か気に入らねー奴に赤札貼ったな、いつの間にか見なくなってたから辞めちまったんだろうな。


「あたしの家は普通のサラリーマン家庭だから、そのまま近くの公立高に行ってどこか大学に入って就職って思ってたんですけど、特待生は学費も交通費も制服代も何から何まで学校がお金を出してくれるって聞いて、公立行くよりお金がかからないんだったら駄目もとで受けてみようって」
「それに英徳は公立に無いカリキュラムがあって将来の為になるし、ただで色んな授業受けられるなんてすっごくお得ですし!」


すげーなその発想は、流石は庶民か。
たぶん俺たちは一生使わねーぞ『お得』なんて言葉は。

総二郎も類も眼を丸くして固まってんじゃねーか。
あきらは慣れてんのか笑っやがるし。


「ああ、そうだつくしちゃん。あの話考えてくれたか?」

「本気だったんですか?あきらさん」


ふと思い出したようにあきらが言った言葉に、呆れた顔をして笑いながら返す牧野。

俺にも笑って話しかけてくんねぇかな。

ん?今俺何を思ったんだ?
あんな庶民のちんちくりんに……ありえねーだろ。


「本気だぜ。てか頼むよ、双子のわがままに付き合せる事になるけどさ」

「んーでも、あたしは確かに高校に行ったらバイトするつもりでした。ここに来て双子ちゃんたちと遊ぶのは好きだし構わないんですけど、一緒に英才教育うけて社会勉強を教えるのをバイトって言われても困ります」






遅刻です!
更新時間をちょい詐称してますが、お気になさらずに~

で、aoiですが、今夜から旅行に行くので更新を数日お休みします。
ストックありませ~ん!

ランキング参加中です!
ポチっとお願いします <(_ _)>
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ


応援ありがとうございます。
関連記事
テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/27(Sat) 18:49 |   |  #[ 編集]
今日も更新有難うございます。。バイトとかこつけて?英才教育・・・。もしや、美作家はつくしを将来の嫁として狙ってたりするんでしょうか。。あきつく風味から、どこらへんからつかつくに変わっていくのか。。ここまでは完全にあきらが一番優勢ですね。
2016/08/27(Sat) 21:32 | URL  | AN #ZjzdRt4I[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/28(Sun) 16:12 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/28(Sun) 21:20 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/29(Mon) 23:56 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/01(Thu) 01:20 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/02(Fri) 01:48 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/05(Mon) 20:51 |   |  #[ 編集]
う*ちゃん様
ほんとになかなかつかつくになりませんね。
なぜだろう?
それは私が男性主人公を虐めるのが好きだから!特に司♪

旅行から帰って来てしばらくはぼんやりと過ごしていましたが、ゆっくり再起動させていきますね。
2016/09/07(Wed) 18:32 | URL  |  aoi #2wx3c3Xs[ 編集]
AN様
そうなんですよね~
すっかりあきつくテイストになってしまいました。
このままだとヤバいです……
2016/09/07(Wed) 18:35 | URL  |  aoi #2wx3c3Xs[ 編集]
ふ*様
拍手コメントありがとうございます。

まだ司は自分の気持ちに気付いていないので、もやもやしていることでしょう。
さて、いつ自覚させよう。

旅行は楽しかったけど、強行軍だったので疲れました。
次はどこに行こうかな?

2016/09/07(Wed) 19:07 | URL  |  aoi #2wx3c3Xs[ 編集]
h*ppyending様
『好き』だなんて嬉しいです!

本当は毎日更新出来ればいいんですが、指が妄想に追いつかなくて青息吐息で更新しています。
2016/09/07(Wed) 19:32 | URL  |  aoi #2wx3c3Xs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。