• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016年09月04日 (日) | 編集 |
ひさびさの更新!
忘れられていないか心配……





ここの店は日本酒の品揃えがいい。
地方の小さな蔵で僅かな量しか造られず、ほぼその地域で消費されてしまって滅多に余所では呑めない知る人ぞ知る幻の日本酒が運が良ければ呑める。

この『運が良ければ』というのもいつもその日本酒があるわけではなくて、ある日行ったらさりげなくメニューに載っている、という偶然に期待するしかない運任せだ。

ぱらりとメニューを捲ると今日もあった。
【おすすめ】の文字も無く、日本酒のページに書いてある。

美作が経営している会員制の高級フレンチで提供したいと何度も交渉しているが契約出来ない、東北の造り酒屋が醸造している夏限定の激レア日本酒。
個人で買って呑むのは構わないが、商売目的で店に出せるのは地元の居酒屋か旅館か昔から信用で付き合っている店のみのはず。

美作も付き合いもコネも無いからって断られている、って外食部門の会議で聞いた。

言っちゃ悪いがここは庶民向けの有名でもない居酒屋だろ?
なのに何でこの酒があるんだよ。

どんなルートがあるんだ?



「失礼しま~す!」


障子の向こうから入室を告げる元気な声。
この声は牧野だ。
俺たちは視線を交わし軽く頷き合う。


「お待たせしました」


すっと開いた障子から見えた顔はやっぱり牧野で、軽く頭を下げ料理を乗せたお盆と一升瓶を畳の上に置き音をたてずに障子を閉める。

ここでバイトをし始めてから牧野の所作は驚くほど綺麗になった。
いつもどたばた走り回っていた高等部の頃とは比べ物にならないほどに。

が、障子を閉めた途端にいつもの牧野に戻る。


「はい、生ビール誰?」

「俺だ」


顔の高さまで手を挙げた総二郎の前にジョッキをコトンと置く。
ドンッって置かなかっただけマシなのかもしれない。


「抹茶ミルクのカクテルは……」
「聞かなくても判るわ。花沢類ね」


くすくす笑いながら牧野はその薄緑色の液体の入ったグラスを類の前に。
類は総二郎の“ありえねぇ”といった視線はいつものごとく無視。


「ここに来たらこれを飲まないとね」


語尾に『ルン♪』って音が聞こえてきそうなほどご機嫌な類と“見たくもない”とばかりに視線をそらす総二郎との対比が面白い。


「花沢類はほんとそれが好きね~」
「で、美作さんは日本酒ね」


俺の前にグラスの入った枡を置きキンキンに冷えた日本酒をなみなみと注ぐ。


「そう言えば美作さんは他のお店とかで日本酒を呑んでるとこって見ないけど、ここじゃよく呑んでるよね?」

「ここの日本酒は取り揃えが珍しいからな、滅多に呑めないレアな酒があったたら注文してるんだ」

「ふ~ん、それもそうなの?」

「ああ、そうだ。この酒は美作で何度も交渉しているのに取引出来ないんだよ。はっきり言って悔しいぜ……」


牧野に聞こえない様に「なんでこんなとこにあるんだよ」ぽつりと小さな声で呟いたはずの言葉はしっかり聞こえていた。


「ちょっと、こんなとこで悪かったわね!」


内心“やべー”となり慌ててフォローの言葉を探す。


「でも、そのお酒って飲みやすくて美味しいから……美作さんの会社でも欲しがってるって聞いたら嬉しいな。なかなか手に入らないってのは店長から聞いて知ってるし、今回も一升瓶十本しか入らなかったのよ」


十本でも手に入って売ることのできるルートがこの店にはあるのか。
外食部門の社員にこの店の事を伝えて、どんなルートがあるのか探らせよう。

完全プライベートで牧野を迎えに来てるのに、つい仕事の事を考えてしまう自分はたぶん会社を愛しているんだなと思う。
数年前まで親の引いたレールに乗っかってつまらない人生を歩んでいくんだと思っていた。こんな自分になれたのも一生懸命に自分の人生を切り開いていく牧野を身近で見ていた所為だな。

牧野に感謝しないとな。






旅行からは無事に帰って来たものの疲れがとれず半分ゾンビ。
二泊五日のドライブ旅行で車中二泊、総運転距離は千二百キロ。ふくらはぎにサロンパス貼りながら運転しました。
で、帰ってきたら燃え尽き何もしたくない病が発症してしまい、うだうだごろごろ~

いろいろ、ごめんなさ~~い。


ランキング参加中です!
ポチっとお願いします <(_ _)>
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ


応援ありがとうございます。
関連記事
テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/04(Sun) 21:12 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/04(Sun) 22:04 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/05(Mon) 22:48 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/06(Tue) 15:21 |   |  #[ 編集]
h*ruwo様
遅くなりましたが無事に帰ってきました。

留守の間はジェームス叔父様がh*ruwo様の心の隙間を埋めて満たしていたんですね?
そこを濃厚な蜜で溢れさせてしまったのはトミーちゃんでしょうか?
無事に完走されましたか?
2016/09/08(Thu) 23:01 | URL  |  aoi #2wx3c3Xs[ 編集]
ゆ*ん様
拍手コメントありがとうございます。

我が家の車は小型車なので車中泊はしんどいですね。
子供もぶつくさ文句を言っていましたが、運転する者が一番偉いという主張の下に寝ました。
寝ないと高速を居眠り運転してしまう…

車中泊が好きな娘さん、羨ましいです。
2016/09/08(Thu) 23:12 | URL  |  aoi #2wx3c3Xs[ 編集]
み*ん様
あきらがまた探ろうとしてますね~
でも今回は大丈夫かと。
真の事じゃないからね♪

欲張って真にまで手を伸ばしたら……
次はどんな制裁にしよう。ふっふっふ

日本酒に関しては当たらずとも遠からず。です!
2016/09/08(Thu) 23:16 | URL  |  aoi #2wx3c3Xs[ 編集]
や*様
ふくらはぎと土踏まずのサロンパスを貼って毎晩寝ています。
熱くて寝苦しいのが少しマシな気がするよ♪
お試しあれ!
2016/09/08(Thu) 23:19 | URL  |  aoi #2wx3c3Xs[ 編集]
委*長様
我が家の旅行は基本的に車です。
北は能登半島、南は足摺岬。ガンガン走ります!
脚は毎回パンパンになりますが、自由気ままには代えられないです。
2016/09/08(Thu) 23:35 | URL  |  aoi #2wx3c3Xs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。