• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016年09月07日 (水) | 編集 |
よっしゃ、今日は更新間に合った。





そのまま俺たちと牧野はあきらの家でディナーを食べる事に。
双子と母親がいるのは当たり前だが驚いたことに忙しいはずの父親までが同席している。



息急き切って帰って来るなり開口一番にこのセリフ。


『つくしちゃんが来ているって夢子から聞いて、会食を専務に代わってもらったよ』


───それでいいのか?美作商事は。

たぶん美作家以外の全員が同じ事を思ったはずだ。



今夜は牧野の入学祝を兼ねて美作家のシェフ全員が気合を入れまくったフランス料理のフルコース。

スゲーな、この食材めったに手に入んねーぞ。

斜め前に座る牧野に眼をやるとあたふたしてやがる。確かにこりゃ食事マナーを学ばないといけないな、あきらの妹たちの方がよっぽど場慣れしてるじゃねぇか。

カッチャン
上手くフォークで押さえきれなかったのか、メインの魚が滑ってナイフが皿に当たって鋭い音をたてた。


「つくしちゃん、これはここをこう押さえてこう切るといい」

「はい、あきらさん。ありがとうございます」

「大きさはこれぐらいな。あんまり小さいと切る時に崩れてしまうし、大きいと口を大きく開けないといけなくなるから品が無い」
「な?解ったか?」


牧野の横に座っていたあきらが後ろから手を添えて教えている。

ムカッ
あきらのやつ後ろから抱き締める様にして教えなくてもいいだろ。
こくこく頷く牧野も顔が真っ赤じゃねぇか。
そんなに嬉しいのかよ?あきらに抱き締められて……

そんな二人をあきらの親はにこにこしながら「相変わらず仲がいい」って見ているし、双子なんかは「「きゃーっ、お兄ちゃま素敵!」」って眼をきらきら輝かせて嬉しそうだ。

総二郎はにやにや、類はくすくす。
俺は……どういう訳かムカムカしていた。



「なぁつくしちゃん、なんであきらは【美作さん】じゃなくて【あきらさん】なんだ?」


デザートが運ばれてきた時に総二郎が口を開く。
総二郎の問いかけに「えっと」と言葉を濁しながら、あきらに視線を向ける牧野。
まるで“いいの?”と問いかける様にも見える視線とそれに軽く頷く動作で“OK”を伝える二人の間に言葉は要らない。

そんな二人を見て俺のムカつきはさらに増していく。


「この家は美作さんのおうちなので【美作さん】って呼んだら、みんな返事してくるから名前で呼ぶ事になったの」


名前。って事は……


「牧野はあきらの両親の事を何て呼んでるの?」

「えっとね【貴史パパ】と【夢子ママ】って……」


はぁっ?
【パパ】に【ママ】?
自分の親でもないのにパパとママって呼んでるのかよ。


「ありえねぇ」


こいつに出逢ってからずっと腹の底にあった不可解なモノ。それが食事が始まってから謎のムカつきに変わって、口から言葉となって溢れだした。


「いいんだよ司くん。私たちがお願いしてそう呼んでもらってるんだ」

「だって私たちは新しい娘みたいに思っているのに【おじ様・おば様】じゃ、あまりに他人行儀で悲しいんだもの」


他人行儀って、他人じゃねぇかよ。

俺の言葉に青褪めていた牧野がおじさんたちの言葉に頬を染めて照れている。


「それよりも、つくしちゃん英徳の制服が似合ってるね」

「でしょう?貴史さん。いっぱい一緒に写真撮っちゃったのよ」

「あとで私とも写真を撮ってくれるかい?つくしちゃん」

「はい、貴史パパ」






なんだかどんどん、あきつくになって来ているような気が……
やはり私にはつかつくは無理なのか?

暗示をかけないといけないかも。
「この話はつかつく、この話はつかつく、この話はつかつく……」


ランキング参加中です!
ポチっとお願いします <(_ _)>
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ


応援ありがとうございます。
関連記事
テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
いやもう いっそのことここはあきつくでってことではいかがでしょうか爆
2016/09/07(Wed) 18:58 | URL  | Sk megu #-[ 編集]
T*na様
拍手コメントありがとうございます。

つかつくのはずなんですけどねぇ。
すっかりあきつくになってる……
マダムキラーあきらの誘惑に負けちゃダメだ!

という訳でご希望のあきつくは次回以降になります。
お話が降って来ないと書けないんです…
首を長くしてお待ち下さいませ。
このままのほんわかムードのあきつくになればいいのですが。
2016/09/08(Thu) 23:50 | URL  |  aoi #2wx3c3Xs[ 編集]
S* megu様
ここにもあきつくの誘惑がっ!

あきつく……
もの凄く魅力的なんですけど、ここは初志貫徹で行こうと思います!
2016/09/08(Thu) 23:53 | URL  |  aoi #2wx3c3Xs[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/09(Fri) 13:37 |   |  #[ 編集]
さ*ぴょん様
ぶほっ

あきつか…

これまた強力な誘惑だわ♡
2016/09/09(Fri) 18:16 | URL  |  aoi #2wx3c3Xs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。