• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016年10月07日 (金) | 編集 |
本日もあきら視点
だって書きやすいんだもの
 
 



 
ランチが終わって行ったのは昨日からの計画通り映画。

が、ここで問題発生。
何でもいい俺たちと違って牧野と真が観たい映画が違ってしまった。
牧野が観たいのはファンタジー色の強いアニメで、真が観たいのは意外な事にCGを多用した特撮映画。

俺たちが意外そうな顔をすると「好きなんですよ。怪獣とか、ロボットが」少し照れた顔をして横を向きぽそっと呟いた。

上映時刻はほぼ同じなので二本続けて観るって事も出来ない。
そこで二人が取った手段がじゃんけん。
チケット売り場の前で一回勝負のじゃんけんを見事に制したのは牧野。

見る映画も決まりチケットを購入した時点で今度は俺たちがもめた。
座席をどうするかで。

普通の席じゃ狭いからペアシートにするのはいいが、類は「牧野とじゃないと嫌だ」と言うから牧野と一緒のシートに決定。

問題だったのは残った三人。
俺も総二郎も男同士でペアシートなんて座れるか、と断固拒否。
どちらかが真と一緒に座る事になったが、俺は真に対して後ろ暗いところがある。なので総二郎に頼んで真と一緒に座ってもらう事にした。


「俺と一緒の席でいい?」

「構いませんけど、どうしてですか?」


高校生の頃ならともかく今は俺も総二郎も真面目にやっている。
下手に女と一緒の所を写真にでも撮られたら色々と拙い事になるかもしれないから慎重になっていた。
ましてや真は東雲の娘。
余計に慎重にならざるを得ない。


「俺とペアシートで一緒にいるところを親とかに知られたら……」

「それは大丈夫です。西門さんと一緒にいるのを写真に撮られても縁談なんか持ち込みませんよ、うちの親は。司護は政略結婚はしない家ですし、私に恋人がいるのを知っていますから」

「恋人がいるのか?」

「はい、家族も公認です」


驚いた。
恋人がいるのは不思議じゃないけど、親が認めてるなんて俺たちの世界じゃそうそう無い。
恋愛はしてても親にバレない様に陰でこっそり付き合って、結婚前には身綺麗にして政略結婚するっていうのがセレブの常識だ。
俗にいう【恋愛と結婚は別】ってやつだ。
親は薄々感づいてても何も言わない。
ヤリたい盛りの若い性欲を抑えつけて暴発されるよりも、適度に性欲を発散させる方が安心だから。
かつては自分たちもそうだったし、子供も自分の運命を受け入れるのが当たり前になっている。
黙認はしてても公認はしない。

なのに真の家は違うのか。

司護を少し調べただけで判った。
俺たちの中で一番古い家柄の西門よりも長い歴史と伝統を持ち、経済規模は道明寺には遥かに及ばないもののうちや花沢とそう変わらない。

そんな家のお嬢様なのに……俺たちとは全く違う事に羨ましさを感じる。


「政略結婚をしないってどうして?」

「家族というものは一番小さい社会で会社です。夫婦があって、親がいて、子供がいて、それを守るのに必要なのは義務よりも愛情だと思います。その小さな社会に愛がない、愛せない。そんな人間に大きな社会である会社を任せる事なんて出来ない。というのが我が家の考えなんです」
「愛がないとどこかに歪みが出ますから」


そんな考えもあるんだな。


「あくまでこれは私の家の考えであって、他の家の方針を否定するものではありません」
「ただ……それも司護としての責務をきっちり果たさないと駄目ですけどね」


だから真はあんなに働いているのか。
己に課せられた責務を果たして自分で選んだ未来を手に入れる為に。



俺たちにもそんな生き方が赦されるのだろうか?




来週からはまた大学と会社で忙しくなる。
俺の大学生活最後の夏休みは、最後にデカい爆弾を落として終わっていった。






もしここまでの話に、何とか編というタイトルをつけるなら
【真邂逅編】
と、でもなるのでしょうかね?


ランキング参加中です!
ポチっとお願いします <(_ _)>
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ


応援ありがとうございます。
関連記事
テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。