• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016年10月16日 (日) | 編集 |
脱線のち暴走
 
 




あたしが“あちゃー”といった顔をして横をちらりと見たのを見逃さなかった宮城さんは首をぐるんと回して隣のテーブルの横に立つ真を見た。

ロックオン!

まさしく獲物を見付けた肉食獣の様な瞳。
高等部の頃から嫌ってほどF4の周りで見てきた瞳と同じ。
見えないはずの舌舐めずりする舌が陽炎みたく見える様な気がする。

工藤さんと菊池さんも真に気付いて、にやにや笑いながら真と宮城さんを交互に見ている。

真が料理を置き終わってテーブルから離れようと踵を返したタイミングで宮城さんが行動に出た。


「あ、あのっ真さんですよね?私は牧野先輩と同じ大学で同じゼミの宮城彩香と言います。これっ私の連絡先なんですけどよかったら受け取って下さい」


そう言って宮城さんは連絡先の書いてある名刺を真に差し出した。

真は宮城さんの差し出した名刺をちらりと見ただけで受取らずに、はっきりとした声で一言。


「受け取れません」


まぁそうよね。
うちはお客様から連絡先を受け取ってはいけないルールだから。

真はもともとあまり人に連絡先を簡単には教えない。
いくらあたしの後輩でも真にしたら初対面の宮城さんと連絡先の交換なんてする気はさらさらないはず。

清楚な可愛い系の女の子からのお願いを躊躇する事無く一蹴した真を驚きの眼で見る彼女たち。


「どうしてですか?この間牧野先輩と一緒にいるところを見て真さんに一目惚れしたんです。最初はお友達からで構わないので……」


最初に拒絶されたことで驚いた声を出して、次に気持ちを伝えて、最後は悲しげな声で懇願かぁ。
上手いなぁ。

さっきから周囲のテーブルのお客様がこのやり取りを耳をダンボにして聞いているのが解る。
たぶん宮城さんは周囲を巻き込んで同情を誘うつもりだ。

ひえー、噂には聞いていたけど……
これが宮城さんの落としのテクニックの一つなのね。


「なぁ」


きたっ、さっき真が料理を運んだ隣のテーブルから声がかかる。

俯いていた宮城さんの肩がぴくっと揺れて、下を向いた顔の口角が僅かに上がったのがあたしには見えた。
角度の関係でたぶん見たのはあたしだけ。


「お嬢ちゃん、あんた真ちゃんのどこを見てるんだ?」


そのテーブルにいたのは週に一回は来てくれる常連さん。
会社が近くにあるので残業が無い日は早い時間に数人でやって来て、半額になった生ビール一杯と軽く食事をして一時間ほどで帰って行く。
酔って暴れる事もしないお店にとってはとてもありがたいお客様。


「酔っ払いに絡まれても礼儀正しく撃退していたのが凄くカッコよかったんです。見た目もイケメンだし」

「「「ぶっ!」」」
「真ちゃん!良かったなぁー!!イケメンだってよ!」
「俺も真ちゃんにあやかりてー」


お酒も入っているから涙を浮かべお腹を抱えて笑う常連さん。

「受け取るぐらいしてやれよ」と援護射撃をしてくれると思っていたのか、宮城さんは常連さんたちの予想外の反応にきょとんとした顔で真を見上げている。

常連さんたちは真が女だって事を知っているから笑っただけ。


「すみません、宮城さんでしたね。私はあなたから連絡先を受け取るつもりはありませんし、お友達になる気もありません」

「どうしてですか?」


淡々と宮城さんに断わりの言葉を言う真に食い下がる宮城さんは、今までこんな扱いは受けた事が無いのだろう顔を悔しそうに歪めている。


「あんなーお嬢さん、よう見てみ?真ちゃんはイケメンやのうてべっぴんさんて言うんや」

「べっぴんさん?」


真が自分から言う前に常連さんの一人が言っちゃった。
でも宮城さんには関西弁が理解出来なかった様で『べっぴんさん?』を繰り返している。


「何や、関西弁が解らんのかいな。真ちゃんは女や、女。いくらカッコようても男とちゃうで!」



その言葉を聞いた宮城さんはその後凄かった。と言うより怖かった。
泣くかと思ったけど泣きもせず虚ろな目で俯いてぶつぶつ何かを呟いていたかと思うと、いきなり椅子を倒す勢いで立ち上がり『帰ります』と言って一万円札をテーブルに叩き付けお店から飛び出して行った。






夜中にほろ酔いでポチポチしてたらしく、お話を書こうとしたらフォルダーの中に宮城さんと仲間たちがいました。
なぜこんなお話を書いたのか自分でもよく解りません。

もしかしたら小人さん?

ランキング参加中です!
ポチっとお願いします <(_ _)>
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ


応援ありがとうございます。
関連記事
テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/10/19(Wed) 15:15 |   |  #[ 編集]
さ*ぴょん様
そっかー宮城さんの役割はこれだったんですね?
皆さんが味わった【真が女だったショック】のトレースと昇華。

真の性別についてはプロットを書く前から決めていた重要ポイントだったので、連載が進んでいくうちに上がっていく真人気に『やべーな』となりながらカミングアウトの回をぽちっとした記憶があります。
男に変更しようなんて思ってもみませんでしたね。

真は頭も顔も性格もオマケに家柄も良いパーフェクトレディです。
そんな真が唯一心をさらけ出せる存在が猫の小豆。
小豆も重要キャラなのでこれからちょこちょこ登場しますよ。
真は彼氏との未来を夢見て頑張っているのです。彼氏もそのうち出す予定。


そして、さ*ぴょん様はあきらとの三角関係をお望みですか?
難しそうだな~三角関係…
はっ!もしかしてさ*ぴょん様が心の底で求めているのはまさか3Pなのでしょうか?
2016/10/22(Sat) 00:56 | URL  |  aoi #2wx3c3Xs[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/10/22(Sat) 02:13 |   |  #[ 編集]
さ*ぴょん様
え?言ってない?

おかしいですね~私にはあきら×真×真彼氏の3Pを望む声に思えたんですが……
私の勘違いかもですね?


で、ご要望の件につきましてはプロット作成中だったりします。
日の目を見るかどうかは不明ですが。
2016/10/22(Sat) 18:37 | URL  |  aoi #2wx3c3Xs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。