• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016年11月07日 (月) | 編集 |
もう少し美作家の旅行にお付き合い下さい。
 
 




飛行機の中で少し早いけど凄く美味しい昼食を食べて大満足。
三時間弱の空の旅に興奮冷めやらぬまま、あたしは沖縄に到着してからも驚きの連続で眼が回りそうだった。

空港の中では判らなかったけど、建物から一歩出た途端に肌に纏わりつく東京とは違う暑さと湿度。
灰色にくすんだ青空しか知らなかったあたしが初めて見るくもりのない青い空。

うわぁ~
ここは本当に東京と同じ日本なの?




迎えに来ていた車に分乗して乗り込み、まず向かったのは空港から車でほど近い所にあるアウトレットモール。


「さぁ、買い物するわよっ」


車から降りるなり全身からウキウキといった空気を醸し出しながら、買い物宣言をする夢子ママの迫力に驚いたあたしは声も出ない。

あたしそんなにお金持って来てないのになぁ……

そんなあたしの心の声を吹っ飛ばす勢いで夢子ママは運転手として来てくれている美作商事の沖縄スタッフの人にどこのお店がいいのかを聞いては、あたしの手を引いて次から次へとい店に入り絵夢ちゃん芽夢ちゃんはもとよりあたしまで試着を繰り返し値札を見る事もなく買っていく。


「一度つくしちゃんを頭のてっぺんから足の爪先まで全身コーディネイトしたかったのよねぇ~」


鼻歌を歌い出しそうな程にご機嫌な夢子ママに逆らえるほどあたしは強くない。
でも、この量はいくらなんでも買い過ぎだと思う。
着替えなんて洗濯しながら着れば三日分もあれば十分だと思うのに、どう見ても買った服は毎日違うのを着ても十日分はある。

“もう買うのを止めて欲しい”と一緒にいる貴史パパにSOSの視線を送っても、貴史パパは楽しそうに夢子ママを見つめて「うんそうだね」なんて言って頷いている。

あー駄目だこりゃ。


それからも夢子ママに言われるがままに服をとっかえひっかえ、救いは夢子ママの好きなふりふりふわふわファッションじゃなくってあたしの好みの服を中心に選んでくれたこと。

運転手さんやSPの両手に持たれたショップの袋に、いったい幾ら掛かったんだろうとぼんやりとあたしが見つめているのに気付いた夢子ママが「行きましょうか?」とまたもやあたしの手を取って歩き出す。


「夢子ママどこに行くの?」

「ここでの買い物はもういいわ。移動しましょ」


よかった、これで買い物地獄から解放される。

と喜んだあたしが“甘かった”と知るのは約一時間。



ここは沖縄位置の繁華街、国際通り。


「五人でお揃いの物が欲しくって」
「ほら♪これなんかどう?」


そう言って夢子ママが広げたのは見るからに沖縄っぽいハイビスカスの花とシーサーがプリントしてあるTシャツ。


「ご家族でご旅行ですか?」

「ええ」

「奥さんは若くて美人だし旦那さんはカッコいいし、娘さんたちも可愛いですね~上の娘さんは日本人形みたいだし下の双子ちゃん?はフランス人形みたいで羨ましいですよ~」


店員さんの営業トークに顔をパアッと輝かせたのは夢子ママだけじゃなかったのをあたしは見逃さなかった。
貴史パパも嬉しそうに笑ってる。

パパもママも否定する気は全く無いんだね。

それを色違いで五枚買ったのを皮切りに、アロハシャツやハーフパンツとそれぞれ色違いでお店を渡り歩きながら買っていく。


「つくしお姉ぇちゃま~!これなぁに?」


一軒の店先に並べられていたのは白地に色んな絵が描いてあるビーチサンダル。


「これはねビーチサンダルっていって海やプールに行くときに履くのよ」


ウミガメ・シーサー・パイナップル・ハイビスカス……
これもTHE沖縄って柄のがたくさん。手にとってみるとそれはプリントじゃなくて、上の白いところを彫ってその下の色の部分を見せる事で絵にしてある。


「可愛い」


思わず呟く。


「これも買いましょ。ビーチに行くのに必要だもの」


あたしの手元を覗きこんだ夢子ママが買うことを即決してお店の人を呼んでいる。

話を聞くと図案はオーダーも出来るということで、あたしたちはわいわい言いながら好みのものを注文した。
仕上がりは二日後になるそうで、また取りに来ることにした。


「そろそろ行こうか」


貴史パパの一声で買い物を終了して車は一路北の方角へ。
二時間ほど走って着いたのは沖縄本島の北部。


「あら?あなた、ここには初めて来るわ」

「ああ、新しく買ったんだよ」

「そうなの?すてきね~目の前が海よ!」

「プライベートビーチだから人目を気にしないでいいと思ってね。気に入ってもらえてよかったよ」


貴史パパはまるで『スーパーで大根買ってきたよ』って感じで別荘を買ったと言うし、夢子ママも『新鮮で美味しそう』って感じで返してる。
絵夢ちゃんも芽夢ちゃんも無邪気に喜んでるし、この状況に着いて行けないあたしは海に沈む夕日をただただ眺めることしか出来なかった。






なんだかすっかり沖縄ガイドになってる?

ランキング参加中です!
ポチっとお願いします <(_ _)>
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ


応援ありがとうございます。
関連記事
テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/11/07(Mon) 23:18 |   |  #[ 編集]
さとぴょん様
沖縄は有名人に遭遇する率が高いのでしょうね~
私は以前、一世を風靡した元ジャニーズの方と居酒屋でご一緒したことを思い出しました。

夢子ママチョイスのお揃いのTシャツに、あきらは入ってません!キッパリ
だって疑似家族は娘三人だもん。
シーサー着るママもハイビスカス着るパパもノリがいいでしょ♪

値札を見ずにお買いものしたことがあります!
百均で。
ホンマにねぇ、大根買う感覚で別荘を買ってみたいものだ。
2016/11/08(Tue) 20:03 | URL  |  aoi #2wx3c3Xs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。