• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016年08月09日 (火) | 編集 |
マコトファンの嘆きの声の大きさに驚いています。






細身のグレーのパンツスーツに身を包んだ真の姿はどこから見ても女だった。

括っている時は気付かなかった緩くウェーブのかかった艶やかな黒髪はハーフアップに結い上げられていて、剥き出しの耳に光るのはシンプルな透き通った瑠璃色のピアス。
黒縁の眼鏡をかけて、ごく薄く化粧をしているだけで香水の香りはしない。
目鼻立ちのはっきりした顔は小さく手足は長い、出るとこは出て引っ込むとこは引っ込んでる日本人離れした抜群のプロポーション。

ん?
出るとこ出てるよな?
なんで昨日もさっきも気付かなかったんだ?

俺の頭に中に【?】が並ぶ。


「真カッコいい~凄く仕事が出来る女って感じでとても二十歳の大学生には見えない!」

「「「二十歳っ!?」」」
「真っお前ほんとに二十歳なのか?」


マジかよ?
とてもじゃないけど二十歳には見えないぞ。


「失礼ですね、西門さん。老けて見えるって事ですか?」

「い、いや……大人っぽく見えるなぁって思っただけだ」


慌てて言い訳をする総二郎に、ぷっと笑顔になった真は年相応に見えた。
見るたびに話すたびに印象がガラッと変わる真に、本当にあの夜と同一人物なのか?と不思議に思う。



ピリリリリッ、ピリリリリィ
音の発生源は真のスマホ。
昨日と音が違うのはメールだからか?
何の変哲もないはずの着信音なのに、真の表情が一瞬曇ったのを俺は見逃さなかった。

厳しい顔でメールを確認すると溜息を吐く。
何かトラブルでもあったのか?


「そろそろ時間ですね、下に行きましょうか?」



牧野に見送られエレベーターに乗り込む俺たち。
扉が閉まった途端に真が話しかけてくる。


「誰か私の事を調べましたか?」


どこか悲しげな、しかし“偽りは赦さない”と言う様な強い意志を感じさせる視線で俺たちの顔を順に見つめる。

ここは素直に謝っておくか。


「悪い、俺が調べる様に手配した」

「私は昨夜『調べないで欲しい』とお願いしましたよね?美作さんはそれに頷きましたよね?」

「牧野をたぶらかしてる得体の知れない男だと思ってたから、どうしても気になったんだ」
「すまない」

「そうですか……」
「敵の情報は大事ですものね、仕方の無い事だとは思います」


真っ直ぐと俺の眼を見て話す真。
だが感情が読み取れない。
男と判るまでの見透かすような瞳でもなく、さっきまでのくるくる印象が変わる表情でもない、冷たいガラス人形のような真になっていた。


一階に着いて扉が開くと無言でエレベーターから歩き出す真の後ろに付いて、昨日ここに来た時とは逆の順番でエントランスに向かう。
コンシェルジュや警備員とにこやかに朝の挨拶を交わしてはいるが、その笑顔の下に何かが潜んでいる様な気がしてならない。

首の後ろがちりちりする。
何だろう、この嫌な予感は……


車寄せには既に類の車ともう一台、たぶん真の車が待機していてスーツの男が一人ドアを開けるべく立っていた。


「おはようございます、真様」

「おはようございます、藤井さん。今日も一日お願いしますね」
「藤井さん、こちらの方々は西門さん、花沢さん、美作さんです。つくしの親しい友人なのでこれから会う機会が多くなると思います」


藤井と呼ばれた男は隙の無い身のこなしで俺たちに向き合うと一礼した。


「司護家で真様の護衛主任を務めております、藤井と申します」


真は藤井に「時間がありません」と促され車に乗り込むと窓を開けて、意を決した様に一気に言葉を紡ぐ。


「美作さん、先ほど私の事を調べた事で謝罪がありましたね。私も謝っておきます。ごめんなさい。でも私にはどうすることも出来ないんです」


その言葉を残して真の車は去って行った。






真のターンか?


ランキング参加中です!
ポチっとお願いします <(_ _)>
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ


応援ありがとうございます。
関連記事
テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/09(Tue) 18:45 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/09(Tue) 22:15 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/09(Tue) 23:50 |   |  #[ 編集]
k*zigon様
こちらこそいつも読んでいただきましてありがとうございます。

がっつり地雷を踏んでますね~
やつをどんな目に合わせようかな~?
2016/08/10(Wed) 11:47 | URL  |  aoi #fv5ItGmc[ 編集]
h*ruwo様
若はピンチに陥りつつあります。
どんなピンチにしようかな?

真のナイスバディの謎はまたそのうち♪


スペインあきら君もずっとフラメンコ見せとく訳にもいかんし…
妄想が降ってくる事を祈っていて下さい。
2016/08/10(Wed) 11:56 | URL  |  aoi #fv5ItGmc[ 編集]
み*ん様
あきらの息の根を止めないよう何かするんじゃない?
これから書く!
2016/08/10(Wed) 11:57 | URL  |  aoi #fv5ItGmc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。